桑島隆二さんの

妻に許してもらい離婚を回避する方法が、

雑誌やテレビで話題になっているよね。

「ごめんなさい、で許してもらえるわけがありませんよ。」
こうやって言うと、必ず全員、絶句します。
でも、考えてみてください。
ごめんですむなら、警察はいらないって格言(?)ありますよね。
「ごめんなさい」ですむなら、1年間に離婚件数が25万組もあるはずがありません。
「ごめんなさい」じゃすまないから、離婚の話しはもめるのです。
離婚に限らず、どんな人間関係のトラブルでも「ごめんなさい」で済むことなどほとんどありません。って、

言ってるけど、

そんなに良いのかな~

妻に許してもらい離婚を回避する方法って

効果あり? 

苦情とネタバレはどう

⇒ 暴露情報、クチコミなどをみてみる 

私はこれまで夫婦関係を修復するのに
「それだけは、やってはいけないでしょ!」
というような、決定的な間違いをしてきた人をたくさん見てきました。
もちろん本人達に、間違いをするつもりはまったくないのです。
ただそれが、やっていはいけないことだということを、本当に知らなかっただけなのです。
だから私は
「修復のために、やらなければいけないこと」
「修復のために、やってはいけないこと」
をきちんと伝えなければならないと思うのです。

これなら手軽にできそうね。

なんだか試してみたくなってきちゃったなー

妻に許してもらい離婚を回避する方法

欲しくなってきたなー

買おうかな。